中学に入学したら塾が必要か いつから通う?高校受験の塾費用とは

a0002_004820

こんにちは!ひのなです。

本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。

中学に入学したら塾は必要か 選び方はどうするのかについて、我が家の経験をもとにご紹介させていただきます。

塾は家庭教育の一環なので、中学に入学してから塾が必要かどうかは家庭の考えによって様々な判断がされていると思います。

うちの長女の場合、小学校時代に塾なしで成績が良く、まずまず学習習慣も見についていました。

そして、地元の高校受験で、目指してほしい公立トップ校は、独自問題を出す難関校であることを考えました。

スポンサードリンク
  

中学に入学したら塾は必要か 選び方は?

なので、学力別のクラス編成で、先取り学習をして、中3の初めには中学3年間の学習を終えてしまい、中3でしっかり入試問題演習をする地元の大手進学集団塾に中1の最初から通わせました。

志望校の進学実績を重視して塾を選びました。

結果志望校に合格できたのでよかったと思います。

これからお子さんの中学の塾を考える場合は、お子さんが小学校卒業時点で、どういった成績をとり、どういった学習態度が身についているかを考えてみる必要があると思います。

正直、小学校のカラーテストで、おおむね8割程度とれているレベルかそれ以下なら、親が危機感をもったほうがいいです。

五段階評価で、3や4が多い感じなら、基礎のおさらいと学習習慣をしっかり身に着けてくれる、親身な塾に中1の最初からお世話になることをおすすめします。

中1の内容でとりこぼしがあると、中2、中3で伸びませんし、成績が下がることも少なくありません。

平均点が70点のテストで平均点がとれていると安心するのは危険です。

学力の二極化がすすんでいるので、平均点が70点ということは、70点の子が多いわけではなくて、90点以上の子と50点以下の子が多いという意味だと思っているくらいでちょうどいいと思います。

実際すごく成績が悪いわけでもないので中1、中2では様子を見る、という感じのご家庭で、塾や家庭教育などの対策をしてこなかったケースでは、中3で内申点も不十分になり、思ったような高校に進学できないケースをしばしば耳にしました。

中1の学習内容をおろそかにしないこと、定期テストでもきっちり点をとって、内申を強化しておくことが重要です。

また、小学校のカラーテストで、おおむね100点でたまに90点を取る程度ならば、基礎学力は身についていると思われます。

学習習慣が身についていて、五段階評価で、5や4が多い感じであれば、すぐに塾を考えなくてもいいかもしれません。

ただ、目指す高校が標準的な共通問題を出す高校なのであれば、それでよいのですが、我が家のように、独自問題を出す難関高校を目指すという場合には、ちょっと事情が違います。

小テストや模試をこまめに行って、実力チェックをしつつ、先取り学習で、受験勉強の時間をしっかりとれる大手学習塾に早めに入れたほうがいいこともあります。

我が家の長女の場合は、中1からの学習定着を重視して、学習の取りこぼしを防ぐため、中1の最初から塾に通わせました。

これから中学に入学する次女も同じように、中1の最初から塾に入れる予定です。

中学生の塾 いつから通わせるのが効果があるのか

長女の通った公立中学では、教科によっては進度に遅れがあり、中3の後半になってばたばたと間引きしたような内容のプリント学習ですませてしまった教科もありました。

そういうこともしばしば耳にしますので、中学の授業は遅れることもあることと、中学の進度にしたがっていると、十分入試問題演習の時間がとれないことを考えると、ある程度先取り学習する塾にお世話になっておくのが安心だと思います。

娘は中1の最初から大手進学塾にお世話になりましたが、中2、中3になってから入塾し、勉強もおいついて進学校に合格された方もいましたので、どうしても中1から塾に通わせる必要があるというわけではないと思います。

中3になってから入塾された方は補習も大変だったようで、無理なくおいつくためには、中2の最初くらいから塾に入れると追いつきやすいのかなと思いました。

なので、塾それも集団塾を利用するなら、できれば中2、遅くとも、中3のはじめの時点では、塾に入っておくのが、その後の入試問題演習もスムーズにいくかなと思います。

それ以降だと、よほど学力が高くなければ入塾を受け付けてくれる塾自体がぐっと減り、少人数制や個別塾などの選択になる場合が多いと思います。

うちの子の場合、中1から通わせておいてよかったと思うのは、先取り学習ができてよかったということと、塾のある生活に慣れるということができたということです。

5教科で、中1で週3、中2で週4、中3で週5通いましたから、いきなり、中3で入って、週5の塾通いにはきっとうちの子の場合はついていけなかっただろうと思うのです。

中3の夏休みの夏期講習や、夏休み後から塾に行かれる方もいますが、わたしのまわりでは、そういう方はほとんど個別指導の塾に行かれるケースが多いです。


スポンサードリンク

高校受験のための中学生の塾 費用はどれくらいかかる?

あくまでこれは我が家の事例ですが、うちの子の場合、3年間で地元の大手進学集団塾に行かせました。塾代は高額な方だと思います。

中1で週3、中2で週4、中3で週5通いましたが、普段の授業のほか各種講習代、模試代や交通費も含めて3年間で200万近くかかりました。

中1で40万、中2で50万強、中3で100万くらいかかった計算です。

ネット上の情報をみても、これくらいの費用が掛かった例はよく見聞きするので、もっと安い塾もあるのでしょうが、けっして高額すぎる塾ではないと思います。

中学生活、高校受験に関する記事はこちらでも詳しく書いています。

>>公立中学の部活 全員参加は強制?選び方と高校受験の内申点への影響

>>公立中学の入学にかかる費用 我が家の例と平均 お金のかかる部活は

>>高校受験は塾なしで大丈夫か 通信教育と市販の問題集以外にすること

>>公立トップ高校を目指す小学生に塾は必要か 高校受験の英語いつから

>>高校受験で内申点が足りない 子供に私立専願を納得させる個別相談は

中学 塾 必要のまとめ

子供の学力や高校受験のタイプによって、塾の選び方や通い始める時期は異なってくる。独自問題を出す難関高校を目指す場合は、進学実績のある集団塾を選ぶという方法もある。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする