小学生の忘れ物防止対策 我が家の場合 親の責任で子供に届ける?

a1400_000315

こんにちは!ひのなです。

本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。

小中学生で、忘れ物が多くて困る子っていますよね。

我が家の長女も忘れ物がひどかったです。

それでも忘れ物の癖が治るまでじっくりつきあいましたので、なんとか解決できました。

小学生の忘れ物に有効な対策 我が家の場合をご紹介します。

スポンサードリンク
  

小学生の忘れ物に有効な対策 我が家の場合

我が家の長女(現在高1)は勉強はできる方でしたが、小学校4年生くらいまで、持っていくもの、持ち帰るものの忘れ物が多く、宿題をやっていっても提出忘れがしばしばありました。

小1、小2のときは持ち物がプリントで出ていたので、それを見ながら、持っていくものについては、前夜に親子で確認しながら一緒に用意することで、忘れ物をほぼ無くすことができました。

小3くらいから、次の日の時間割と持ち物を連絡帳に書いて持って帰るようになったので、それを書き忘れているととたんに学校の用意ができなくなります。

子ども自身がお友達に電話して聞いたり、親子で学校に戻って黒板を書き写しに行ったりなどして、対応しました。

宿題のプリントや、リコーダー(家で練習する宿題が出ている)、給食のエプロンなどを学校に置き忘れてくることも非常に多かったです。

こういう持ち帰るものの忘れ物をチェックするために、毎日、帰ったらすぐに子供の連絡帳をみて、宿題に必要なものをチェックする日々が続きました。夜遅く気づくと対策ができないので、とにかく、帰ったらすぐ一緒にカバンを開けてみるというのが大切でした。

持ち帰るものの忘れ物があった場合は、やはり親子で学校にとりに行きました。ひどいときは、週に3回くらいとりに行ったと思います。

持っていくものの忘れ物もたまにあったので、気づいたらわたしは届けに行きました。

やっていった宿題を出し忘れるということもよくありました。気づかないうちに集められてしまうらしいのです。

それもそのままや翌日にしないで、やはり放課後でも学校に戻ってその日のうちに出しに行きました。

ランリック(ランドセル型リュック)の蓋をあけたところに注意書きを書いた布を縫い付けました。

「連絡帳は書きましたか。宿題のプリントやリコーダーなど宿題に必要なものは持ち帰りましたか。やった宿題は出しましたか。」などの注意書きを布に油性ペンで書いて縫い付けたのです。

同様の注意書きを紙に書いてたたんで筆箱に入れ、筆箱をあけたら飛び出るようにしたこともあります。

とにかく、親も子も、忘れ物をそのままにしない、できるかぎりカバーする、という方針をつらぬきました。

そういう生活をしているうちに、小5の後半になるころには、ほとんど自分で用意ができて、持ち帰るものの忘れ物も無くなり、宿題もきちんと提出できるようになりました。

それ以降忘れ物がひどくて悩むということはなくなりました。

高1の今も、たまには、忘れ物をしているようですが、成績に響くような忘れ物はしなくなりました。

小学生の忘れ物は親の責任?親はどこまでかかわる

小学生の忘れ物は親の責任なのか。子どもが自分で困る経験をさせて、自分でだんだん忘れ物をなくしていくようにほっておくほうがいいという方針の方もいます。

実際そういうやり方で忘れ物が治った人もききますので、それもひとつの方法かと思います。

ただ、一方で、忘れ物をする子をそのまま本人任せにすることによって、忘れ物をすることに慣れっこになり、提出物などへの責任感もうすれてしまって、大きくなるにつれて勉強にも差し障る状況になるというお子さんもよく耳にするのです。

わたしは自分の子は後者のタイプだと直感で感じていたので、親の責任で、徹底的につきあって、何年かかっても忘れ物を治してやろうと心に決め、実行してきました。

小学校からもときどき、子どもの持ち物の忘れ物についてお便りが出ますので、やはり、家庭でできるだけ対策をすることが求められていると感じます。


スポンサードリンク

子供の忘れ物は学校に届けるか届けないか

子供の忘れ物は学校に届けるか届けないかもよく話題になりますが、これも賛否両論あると思うのです。

私の考えでは、学業に必要なものが必要な時にないと、周囲のお友達に迷惑をかけたり、子ども自身の勉強が遅れたりすることになるので、よい成績をとらせることが大切という考えもあって、できるかぎり気づいた忘れ物は届けてきました。

娘も、忘れてしまって困ったと思ったときに、届けてもらうと本当にありがたく思ったようで、よくお礼をいってましたので、甘やかしかもしれませんが、わたしは届けてよかったと思っています。

困っているときに親が助けてくれるということを実感させるわたしなりの愛情表現ともおもってきました。

子供に忘れ物を許さない以上、親としても忘れ物に気づいたらバックアップしてあげるという行動する姿を見せるというのもあります。

小学生 忘れ物 対策のまとめ

忘れ物が無くなるまで、学校の用意は前夜親と一緒にやり、持ち帰るものの忘れ物は親子で学校にとりに戻るのがおすすめ。忘れ物が治るまで何年かかかる覚悟で、親がじっくり付き合うのが大切。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする