中学校内申点に部活動の影響は?高校受験に足りない場合できること

a0008_002244

こんにちは!ひのなです。

本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。

高校受験は公立、私立ともに、高校入試当日の試験の点数の他、内申点(通知表の合計点数)が加算されて合否が決まることが多いと思います。

高い内申点をどうとればよいのか、とても気になりますね。

また、部活動や生徒会活動との関係はどうなっているのでしょうか。

うちの子どもの学校の地域(学区)では、中学校の内申点と部活動、生徒会活動は基本的に関係ありません。

地域によってこのへんは異なるようです。

スポンサードリンク
  

中学校の内申点と部活動の関係はどうなっているのか

うちの子どもの公立中学の場合、定期テストの点数と、普段の授業態度、提出物をきちんと出しているか、提出物の内容、忘れ物の有無などで内申点(通知表の成績)は決まります。この内申点は中1から中3までのすべての点数が入ります。

中学に入ってすぐの中間試験から、試験対策、内申対策について、学校からも塾からも細かく指導があります。

なので、部活動は強制ではなく、多くはありませんが、帰宅部の子もいます。

高校受験の内申点に部活が関係する場合は

高校受験に部活動が関係してくる場合は、我が家の所属する学区では、内申点というよりも、調査書の内容や小論文、面接対策として、重視されるケースはあります。

うちの子どもの学校の地域(学区)では、公立高校で、前期選抜、中期選抜、後期選抜と3回受験機会があります。

このなかで、前期選抜はA方式(共通学力検査ないし高校独自学力検査+面接、内申)B方式(内申+小論文、面接)C方式(実技検査+共通学力検査、面接作文)のいずれかで行われ、主にはA方式の高校が多いです。この場合はほとんど部活は関係ありません。

ですが、B方式の場合は、部活動の実績が重視されます。また、C方式は実施している高校が非常にわずかです。

なので、B方式または、私立のスポーツ推薦、部活推薦の場合のようなときに、部活動の実績が、受験に影響するという場合があるということです。もちろん、この場合も部活やスポーツだけでなく、日ごろの内申点も十分重視されます。

部活動が内申点として評価される自治体もあるのかもしれませんが、うちの場合は、そういうことはありませんでした。

所属する自治体の公立高校や受験する私立高校によって違うと思われるので、よく確認する必要があります。

子供任せにせず、親も積極的に早めに情報を集める必要があります。


スポンサードリンク

高校受験の内申点が足りない場合にできること

うちの子どもの学校の地域(学区)では、該当しないのですが、地域によっては、数検、漢検、英検などの資格試験を内申点アップにつなげるところもあるときいています。

内申や当日試験の内容が拮抗して選考に困るようなときに、資格の有無や部活、生徒会の頑張りを参考程度にみることは可能性としてないわけではないそうで、資格などはあればあったほうがよいのかもしれません。

一番強いのは、普段から、定期テストで手堅く点数を取り、内容のすぐれた課題物、宿題を期日をまもって提出し、授業態度も積極的にまじめにしておく、忘れ物、遅刻欠席をしない、という努力をコツコツ重ねるのが内申対策になると思います。

ちょっとした提出物でも、早め早めの提出を心がけ、親子で緊張感をもって、3年間を過ごすことが重要です。

また、塾の先生にうかがったのですが、大事なのは、子どもさんが先生から好かれることです。先生に気にいられるということです。

親が普段から先生にたいして敬意をもち、先生を好きになる努力をしているところを見せること、折々に先生に日ごろの感謝を伝えておくことなどで、子供も、先生に対して、きちんとした態度で接することができると思います。

保護者が先生に余計なことをいいすぎて、子供がけむたがられ、実力よりも低い内申点を付けられてしまうようなケースもまれにあるそうで、そうなると、高校選択にも影響してきてしまいます。

先生も人間なので、先生の良い面を引き出すように接する努力も親子で必要と思われます。

前期選抜のA方式の場合は、5段階評価で平均4以上ないと、合格が厳しい高校が多いようです。

目標とする高校に対して、どれくらい内申点をとる必要があるのかについては、学校や塾の先生に早めにうかがっておくとよいと思います。

内申が足りないとあせっても打てる対策はあまりないというのが実際のところだと思います。それでも、気づいた時から努力をすれば、すこしは違ってくると思うので、気づいた時点で積極的に内申について先生に相談するなどは有効と思います。

内申や部活についてはこちらでも詳しく書いています。

>>高校受験の内申に部活動は影響するか 中学で内申点を上げる方法

>>高校受験は塾なしで大丈夫か 通信教育と市販の問題集以外にすること

>>公立中学の部活 全員参加は強制?選び方と高校受験の内申点への影響

>>公立トップ高校を目指す小学生に塾は必要か 高校受験の英語いつから

>>中学入学前の勉強準備は何か 英語は必要?5教科450点をとるには

まとめ

定期テストの点数と、普段の授業態度、提出物をきちんと出しているか、提出物の内容、忘れ物の有無などで内申点(通知表の成績)は決まります。

目標とする高校に対して、どれくらい内申点をとる必要があるのかについては、学校や塾の先生に早めにうかがっておくとよいと思います。

部活と内申の関係は所属する自治体の公立高校や受験する私立高校によって違うと思われるので、よく確認する必要があります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする