高校受験一覧

高校説明会行かないデメリットは?夏休みの高校見学出来なかった場合

夏から秋にかけて、高校入試を控えた中3生向けの高校説明会、オープンスクールなどが多くの学校で開催されます。 ただ、志望する高校説明会の日程が、学校行事や部活、模試や塾などと重なって、本人が出席できない場合も少なくありません。 高校説明会に本人もしくは保護者が行かないデメリット、出席のメリットについて考えてみました。

高校受験の塾選び方はどうする?いつから通わせて費用はどれくらい?

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 中学に入ると、周囲のお子さんの多くが塾に通い始めるので、うちの子もどうしようかと考え始める保護者の方が多いと思います。 ママ友情報や新聞広告のチラシなどから近所の塾についていくつか耳にしていることも多いでしょう。 いくつか塾の候補がある場合、わが子に合う塾をどう選んだらいいのでしょうか。

テストで450点取る方法中1中2中3定期テスト90点以上中学5教科

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 中学の定期テスト、英数国理社の主要5教科で450点以上(100点満点で平均90点以上)を安定してとるには、いろいろ条件を整えておく必要があります。 まず、中学入学時点で、小学校時代の成績を振り返っておく必要があります。 小学校では単元ごとにカラーテストを行うことが多いと思いますが、お子さんは何点くらいとれていたでしょうか?

三者面談中学の内容や時期は?進路についていつからどんな話があるか

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 うちの子どもの行く公立中学では、中学1年2年3年ともに三者面談があります。 小学校のころは、先生と保護者の二者による個人懇談でしたが、中学では、本人と保護者、担任の三者による懇談になります。 うちには中学生と高校生の子どもがいますので、中学3年間分の三者面談は経験しました。 どんな内容だったか、参考にしていただければ幸いです。

高校受験塾なしでがんばる勉強法は?問題集やz会通信教育の利用は?

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 中学生と高校生の子供がおりますが、うちの子どもたちは中1から地元の大手進学集団塾に通わせています。 うちの上の子どもは地域の公立トップ校といわれる高校のひとつに入りましたが、こういった高校に入られるお子さんの多くは、うちの子が通ったような、大手進学集団塾を経験されていることが多いと聞いています。 ただ、もちろん、経済的、時間的な問題、相性の問題、親の方針などで、塾なしで高校受験され、成功される方もいらっしゃいます。 塾なしで高校受験にチャレンジする際にどういった勉強法が良いのか、塾に子供を通わせている立場で、塾のメリットをどうまねできるか、考えてみました。

高校説明会に親の行く必要は?いつから参加?行けなかった場合は

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 先日、中1の子供の塾の高校入試報告会(高校選び説明会)というのに参加してきました。保護者向けのものです。 下の子供はまだ中1ですが、学校でも塾でも、1年生から高校入試を意識するようにいわれていますので、こういった説明会や高校見学会、高校入試相談会などは、中1から積極的に利用していく予定です。 いま高校生の上の子どものときもそうしてきてよかったと思うので、下の子にも同じようにしていこうと思います。 上の子のときと下の子の時では高校入試事情も多少異なってくるので、最新の情報を入れるように努力していくつもりです。

中学校内申点に部活動の影響は?高校受験に足りない場合できること

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 高校受験は公立、私立ともに、高校入試当日の試験の点数の他、内申点(通知表の合計点数)が加算されて合否が決まることが多いと思います。 高い内申点をどうとればよいのか、とても気になりますね。 また、部活動や生徒会活動との関係はどうなっているのでしょうか。 うちの子どもの学校の地域(学区)では、中学校の内申点と部活動、生徒会活動は基本的に関係ありません。 地域によってこのへんは異なるようです。

塾に中学生が通う時間帯は?費用はどれくらい?服装はどうする?

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 お子さんが中学生になったら、どこかの時点で通塾を考える保護者の方も多いと思います。 塾というのは、どれくらい時間やお金がかかるものなのでしょうか。 おそらく標準的な地域の大手集団進学塾に通ったうちの子どもの場合をご紹介します。

高校受験やる気のない子どもに親ができることやる気にさせるいつから

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 公立中学の中学生のお子さん、ご入学、ご進級おめでとうございます。 新しい環境になじめるか、部活や勉強のことなど、いろいろ心配になりますね。 中学生のお子さんのほとんどは、入学して3年後高校受験を迎えることになります。 実質は3年ありませんし、中1から内申点(通知表の成績)が、高校入試にかかわる場合もありますので、中1の最初の中間試験から、意識して、がんばってもらうのが理想です。 ただ、小学校を出たばかりのお子さんにとって、高校入試というのはすぐにはピンとこない場合が多いようです。

高校受験の内申に部活動は影響するか 中学で内申点を上げる方法

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 公立中学で、部活動の参加は強制であるとか、原則全員参加であるというのもききますが、部活への参加は完全に自由という学校もあります。 うちの子どもがお世話になった公立中学校も、部活の参加は自由でした。 入学時に、部活に参加しないことで、高校受験の内申などで不利にならないかと中学に確認しましたが、うちの子の学区の場合では、部活に入らないことで、高校入試の内申に影響はないという話でした。