ひな祭り一覧

初節句 孫のお祝い父方祖父母は ひな祭りプレゼントやお祝い金相場

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 いよいよひな祭りですね。かわいい初孫さんの初節句、おめでとうございます。 初正月のお祝いには、男児には破魔弓、女児には羽子板が、母方の実家から贈られるという風習がある地域があります。 そして、初節句は、男児は五月人形、女児には雛人形が、母方の実家から贈られるという風習がある地域もあります。 ただ、実際には、いろんな地域でいろんな風習があり、家庭ごとの考え方もあるので、父方の実家から贈られることもあるし、両方の実家でお金を出し合ってもらうこともあるし、実家に頼らずに、子どもの両親が用意することもあれば、こういった人形の類は購入しないという考え方もあります。 お嫁さん側の実家で雛人形を用意してくれる場合に、息子(孫の父方)さんの両親としては、どういうお祝いをしたらいいのか、迷うこともあると思います。

雛人形 いる いらないで悩む 必要ない場合もある?二人目の雛人形は

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 かわいらしい女のお子さんがお生まれになって、初節句のひな祭りを迎えるころ、悩ましい問題が起きることがあります。 雛人形は、女の子の健やかな成長を願い、厄が及ばないようにという魔よけの意味もあって、一人に1つ用意してあげるというのが基本になっています。 ただ、経済的な事情やスペース、収納などの住宅事情、もしくは好みの問題などもあって、子どもに雛人形を用意する必要を感じない親御さんもいますよね。

七段飾りか親王飾りか 雛人形人気はコンパクトケース?後悔しない?

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 女のお子さんがお生まれになって、初めての初節句であるひな祭り、おめでとうございます。 祖父母や両親が用意してあげる雛人形をどんなものにするか、悩むことも多いですよね。 雛人形に対するあこがれや思い入れは人それぞれだと思います。 お子さんのためによい選択をしてあげたいですね。

雛人形母親のお下がりはダメって本当?古いものを大切にする気持ちは

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 お嬢様のお誕生、おめでとうございます。慌ただしく日が過ぎて、初節句のひな祭りも目前ですね。 お母さまである母親の子どものころの雛人形がご実家に眠っていることも多いと思います。 ご自身の雛人形をお子さんのために実家からもらいうけて飾りたいと思われている方も多いのではないでしょうか。 わたしの経験をお話しますね

ひな祭りパーティーメニュー 初節句のおもてなし お祝いの食べ物は

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 お嬢様の初節句、ひな祭りおめでとうございます。 お雛様も用意されて、お披露目も兼ねて、ご夫婦それぞれのご両親、義父母さんをおまねきになって雛祭りホームパーティを予定されているお宅も多いのではないでしょうか。 楽しみですが、用意するお嫁さんはちょっとたいへんですね。ご夫婦で協力して準備しましょう。 赤ちゃんの負担にならないように、遅めの昼ご飯か、早めの晩御飯といった時間帯で集まるのがお勧めです。

雛人形の処分方法は寄付?道具と一緒に7段飾りを供養できる?

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 御実家の古い雛人形を受け継いで大切に飾っている方も多いと思います。 幼少のころ、両親や祖父母に買ってもらった思い入れのある大切な品であることも多いですよね。 ただ、保管場所に困ったり、飾るのに場所をとりすぎたり、お人形やお道具が古くなったりして、今のお住まいに合わなくて困っているという方も少なくないと思います。 大切なお人形なので心苦しいですが、処分を考える場合、寄付や供養といったことが考えられます。 実は我が家でも、その悩みがあって、古い七段飾りの雛人形を供養に出し、省スペースの内裏雛に買い替えたという経験があります。 その際調べたことや、経験したことなどをご紹介します。