初詣 大阪のデートプランの定番人気スポット 縁結びと学業成就も

a0005_000258

こんにちは!ひのなです。

本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。

今年もあとわずかで、新年を迎えます。

普段初詣に行く習慣がなくても、彼女や彼氏がいれば、
カップルで初詣デートに行きたくなりますよね。

まだステディな関係でない相手でも、初詣はお参りですから、
デートの口実としてお誘いしやすいかもしれません。

おつきあいの長いカップルなら、新年の抱負や将来のことなど、
大切なことを話し合う大事な時間になるかもしれませんね。

大阪で初詣のデートスポットをお探しの人も多いと思います。
どんなところが定番で人気があるのでしょうか。

スポンサードリンク
  

初詣 大阪デートの定番といえば人気の住吉大社

大阪で初詣の定番デートといえば、
例年200万人を超す参拝者で知られる、
住吉大社が人気があるといえます。

商売繁盛、家内安全、厄除けなどのご利益がありますし、
恋愛成就のお守りも授けてもらえるので
カップルにもぴったりですね。

ホームページによれば、 12月31日の22時~1月1日の22時、
2日~3日は6時~21時、4日~5日は6時~18時、6日は6時~17時、
の間に参拝できるそうです。

また、お正月の露店が多く350件以上もあるそうなのですが、
例年お正月の5日くらいまでと、
えべっさんがある9、10日にも出店があるそうです。

お正月期間中は駐車不可になっており、
公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

南海本線住吉大社駅より徒歩3分になっています。

近くのデートスポットとしては
天王寺駅前のあべのハルカスがおすすめです。

阪堺電気軌道住吉鳥居前駅から天王寺駅前駅で電車で移動できます。

ただ、2017年のあべのハルカスのお正月のスケジュールがまだホームページに
アップされていないので、営業日時をご確認の上お出かけください。

また、南海本線住吉大社駅より南海本線の新今宮駅まで
電車で移動すれば、通天閣にも行けますね。

周辺の串かつやさんもありますし、
天王寺動物園も2016年の元旦は開いていましたので、
2017年も期待できますね。

営業日時をご確認の上お出かけください。

スポンサードリンク

初詣デートプランもばっちり 大阪街中のお稲荷さんは難波神社

地下鉄本町駅、心斎橋駅からそれぞれ徒歩5分の
便利な立地にある難波神社は、
古くから信仰を集める有名な「博労稲荷」が祭られています。

商売繁盛、厄除け、生活安寧などのご利益があるといわれています。

就職活動中の学生さんや、若いサラリーマンにも
ぴったりな初詣デートスポットですね。

例年3万人程度の参拝者があるそうです。

心斎橋なので、心斎橋筋商店街、アメリカ村、
など散歩もよし、買い物やお食事などのデートプランもよしですね。

お目当てのお店やレストランなどがある場合は
お正月休みのスケジュールを確認してから
おでかけするのがおすすめです。

初詣のカップルにぴったり 大阪の縁結びは愛染堂勝鬘院

愛染堂勝鬘院は、縁結び、愛敬開運、厄除け開運などの
ご利益があるといわれています。

「愛染鬘の霊木」「愛染染めの霊水」が、
縁結びや愛敬を授かるものとして知られています。

初詣のカップルにぴったりですよね。

愛染堂勝鬘院の初詣は、例年3万人の人出だそうです。

地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘より徒歩3分のアクセスです。

天王寺公園や通天閣にも歩いていける距離なので、
デートプランも立てやすいですね。

初詣に大阪天満宮 学生さんのデートにもぴったり

学問の神様である菅原道真公を祀る大阪天満宮は、
学業成就、勝運祈願、商売繁盛などのご利益があるといわれています。

学生さんのデートにもぴったりですよね。

元旦0時から2時には白酒がふるまわれます。
例年3が日で50万人の人出があるそうです。

大阪天満宮は、周辺に多くの屋台も出るので、
買い物や軽食も楽しめそうですね。

天満天神繁昌亭も近いので、あらかじめチケットを
購入しておいて寄席を楽しむのもいいですね。

天神橋筋商店街、中之島公園なども歩いていけるので、
ぶらぶら歩きのデートにはぴったりです。

なお、京都の初詣情報についてはこちらで詳しく書いています。

>>北野天満宮 初詣の混雑状況 合格祈願のご利益とアクセス駐車場など

>>伏見稲荷大社の混雑予想 京都らしい初詣デートとは アクセス方法も

初詣 大阪 デートのまとめ

初詣 大阪 デートには、住吉大社、難波神社、
愛染堂勝鬘院 、大阪天満宮などがおすすめです。
混雑が予想されるため、公共交通機関での移動がよいでしょう。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする