クリスマスオーナメント ツリー飾りを手作りで 100均毛糸や紙など

img_20161125_085614

こんにちは!ひのなです。

本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。

そろそろクリスマスツリーを飾る季節になってきました。

お子さんと一緒にクリスマスツリーの飾り、クリスマスオーナメントを手作りしたいと思われている方も多いのではないでしょうか。

手作りの温かみのある家庭のクリスマスってよい思い出になりそうですよね。

身の回りの材料や手に入りやすい100均の材料などをうまく使って、安上がりで手軽にかわいい飾りが作れると嬉しいですよね。

スポンサードリンク
  

クリスマスオーナメント手作りで100均なら何を使うか

松ぼっくりを拾ってきて紐をつけ、ツリーにぶら下げるだけで十分かわいらしい飾りになります。

金や銀などのカラースプレー(100均にもあります)で、松ぼっくりをカラーリングしてあげるのもいいですね。

松ぼっくりを緑のカラースプレーでカラーリングし、好みの色紙で巻いたペットボトルのキャップを台にしてボンドでつけると、ミニツリーも出来上がります。ビーズなどをボンドで飾ってあげるといいですね。

100均にはいろんな色のモールもありますので、星やハートなど好きな形に折り曲げてあげるのでも、かわいい飾りが出来上がります。

画用紙でちいさな箱をつくり、きちんとラッピングしてリボンをかけて、プレゼントボックスのオーナメントを作るのもかわいらしいでしょう。

きれいなリボンをたくさんツリーに結んであげるというアイデアもあります。

我が家では、アルミのワイヤーとマスキングテープを使って、星形のオーナメントを作ってみました。

写真のようにワイヤーを適当な感覚で折り曲げていき、星形になったらペンチでワイヤーを切って、マスキングテープを巻き付けるだけです。

img_20161125_085430

リボンを巻き付けてもいいですね。これで、いろんな色の星を作ることができると思います。

クリスマスオーナメントの手作りを余り毛糸で楽しむなら

100均で買ってもいいですが、余り毛糸があるなら、大小のポンポンをたくさん作って、オーナメントにしてしまうというアイデアもあります。

あたたかみがあって、かわいらしいオーナメントになります。どうしようか困っていた余り毛糸が、みるみるツリーの主役に大変身ですよ。

写真のポンポンは手に25回巻いて作ったものです。もっと少なくして糸をバラけさせてもいいし、もっとたくさん巻いて密集したポンポンにするのもかわいいと思います。

img_20161125_090824

ポンポンはたくさんつくってそれだけをつなげてリースにすることもできますし、グリーンや白のポンポンなら、積み上げて、ツリーをつくることもできます。スパンコールやビーズなどで飾ってあげるとすてきですね。

お子さんと一緒に作るときなどに大きさを統一したいなら、手に巻くのではなくて、なにか台紙を決めて巻くようにすると、同じ大きさのポンポンをいくつも作ることができます。


スポンサードリンク

クリスマスオーナメント手作りを紙で作れるサイト

クリスマスオーナメントをペーパークラフトで作ってしまうという方法もあります。

ペーパークラフトのフリー図案をそのままダウンロードし、自宅にあるプリンターでプリントアウトして組み立てることができるのです。

小学生の少し大きいお子さんなどは少し難しいくらいのペーパークラフトのほうが、手ごたえがあっていいかもしれませんね。

以下のサイトがおすすめです。

ペーパークラフト – Canon Creative Park
http://cp.c-ij.com/jp/categories/CAT-ST01-0071/top.html

ペーパークラフト・素材の無料ダウンロードサイト ペーパーミュージアム
http://paperm.jp/craft/index.html

びばれっじキッズペーパークラフト
http://www.kirin.co.jp/entertainment/kids/papercraft/index.html

「ペペ&ルル」ダウンロードグッズ
http://www.pentel.co.jp/special/3925/

今夜はハッピー☆クリスマス|子育て応援|グリコ
http://www.glico.co.jp/kosodate/christmas/index.htm

クリスマス オーナメント 手作り 100均のまとめ

簡単で安上がりにできるクリスマスツリーの飾り、オーナメントは、100均の材料や余り毛糸、ペーパークラフトのダウンロードなどで手軽に作ることができる。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする