季節行事一覧

500円プレゼント交換職場忘年会クリスマス会男性上司会社に喜ばれる

社会人になり会社などに勤めると、職場のコミュニケーションのための、飲み会やランチ会などの宴会への出席が増えますね。 忘年会クリスマス会歓送迎会などで余興としてよくあるのが、「予算500円程度のプレゼント」を用意してプレゼント交換をする、というものです。 プレゼント選びでそのひととなりを知ることができるというので、定番のレクレーションですね。 個性を出すのも大事ですが、プチプライスなりに社会人として恥ずかしくないものを選びたいところです。 この記事では、男性の同僚や上司の多い職場をイメージしてプレゼント選びをご提案します。

運動会お弁当簡単前日から作れるメニューおかずお弁当箱人気のタイプ

運動会の当日の朝は、子供や自分の支度の他に、お弁当作りがあって、何かと慌ただしいですよね。 運動会当日は案外暑い日も多いので、傷みが気になるお弁当作りはなるべく当日のほうがよさそうですが... 前日のうちにしておいても問題ないものがあれば、準備できると心の余裕につながりますよね。 そんなアイデアをご紹介します。

発表会髪型子供に簡単編み込みやアップやり方ハーフアップも素敵

ピアノなどの発表会では、女の子の場合、ドレス、衣装や発表する曲などに合わせて、当日のヘアスタイルをどうするかを悩むことが多いと思います。 当日美容院にヘアアレンジをお願いしてしまうのもひとつの手ですが、時間や予算に余裕がない場合も多いですよね。 我が家も娘が二人いて、ピアノを習っていますので、毎回発表会のヘアスタイルでは頭が痛いです。 みなさんどうなさっているんでしょうか。耳寄り情報をご紹介します。

十三参りは神社でもOK?京都なら時期はいつ?浅草浅草寺他の寺神社は?

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 十三参りといえば、京都では、嵐山法輪寺が知られています。 我が家にも娘二人がいて十三参りを経験しましたが、実は二人はそれぞれ別のそれも神社で十三参りをしました。 嵐山法輪寺ももちろんよいですが、ほかのお寺や神社でも十三参りができるということを御紹介したいと思います。

父の日母の日はまとめて一緒のギフトでもOK?現金なら袋はどうする

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 父の日母の日のそれぞれにプレゼントやお祝いをするのが負担になっている人も多いと思います。 特に、ご結婚されて、自分のご実家の両親や、夫の両親のそれぞれに贈るようにしているお嫁さんは毎年のことなので、大変なのではないでしょうか。 父の日母の日のプレゼントまとめて1回で済ませてよいのかどうか、考えてみました。 個人的な意見ですが、参考にしていただければ幸いです。

姫路城 桜の撮影スポットや夜桜ライトアップの時間 花見の駐車場は

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 真っ白なお城にピンクの桜が映えるお花見を楽しんでみたいと思いませんか? お花見の名所としても知られる国宝 姫路城にご家族でお花見を予定されている方も多いと思います。 桜の見ごろは例年、4月上旬から中旬となっています。 時期が近づいて来たら天気予報や桜の開花予報などをチェックしてお出かけください。

京都 平野神社の桜夜ライトアップ?花見食べ物の持ち込みや駐車場は

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 京都でお花見の名所とされる平野神社は、昼も夜も見事な桜を楽しむことができます。 平野神社は江戸時代からお花見の場所としては有名だったそうです。 見どころは貴重で珍しい品種も含めて、60種類400本もの桜があることです。 順番に開花していくので1か月以上桜を楽しむことができます。

醍醐寺の桜撮影スポットは お花見でライトアップある?駐車場混雑は

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 春に京都で花見をするなら、世界遺産としても知られる有名な醍醐寺の桜を見たいと思われている方も多いと思います。 御家族でおでかけするのもたのしそうですね。 植えられている桜は約1000本といわれ、樹齢150年を超える巨木が多いのも特徴になっています。

清水寺でお花見の見ごろと撮影場所 桜ライトアップと駐車場の混雑は

こんにちは!ひのなです。 本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。 桜の美しい季節、京都でお花見をしたいと思われている方も多いと思います。 世界遺産である清水寺も、1000本とも1500本ともいわれるボリュームたっぷりの美しい桜で有名です。 昼の桜も美しいですし、ライトアップした夜桜も有名です。 境内のいたるところに桜が咲くので、本堂の舞台から見下ろす風景もすばらしく、写真の題材に事欠きません。