節分 幼児の恵方巻きは手巻き寿司なら具は?子供用サイドメニューも

a0002_011948

こんにちは!ひのなです。

本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。

季節感を大事にした行事食として、節分のお食事というのがあります。

幼児のお子さんにも、節分気分をたっぷり味わってほしいですよね。

節分の恵方巻きはさまざまな種類が販売され、コンビニ、スーパー、お寿司屋さんでも予約も受け付けています。

行事食として、お夕食にぴったりですね。

ただ、市販の恵方巻だと、具が7種類など多く入っていて太く、長いので、小さなお子さんには食べづらいものが多いのではないでしょうか。

子どもの分はさび抜きの細巻にしようか…でも、栄養が足りないような気がする…ということで悩んでいませんか?

といって、恵方巻を手作りするのは大変だし…。

スポンサードリンク
  

節分 幼児の恵方巻きは手巻きずしでもよい?

そこで、手巻きずしのご提案です。

お子さんが小さい間は、節分のメニューとして、恵方巻きにするならご自宅で、手巻き寿司になさるのもいいと思いますよ。

お母さんが一人で恵方巻を作るよりもお手軽です。

節分に手巻きずしパーティをするご家庭も少なくありません。

100均などで巻きすが買えますので、お子さんが自分できれいな細巻を作るのを手伝ってあげてもいいですね。

2017年 平成29年の恵方は北北西だそうなので、コンパスで方角を測って、恵方を向いて食べることを教えてあげるといいですね。

1本まるかぶりするとか、食べ終わるまで黙って食べるなどの習慣もあるようですが、ご家庭で楽しむ分にはあまり厳密にしなくてもよいでしょう。

楽しくにぎやかに食べられるといいですね。

節分 手巻き寿司なら具の定番やおすすめは?

恵方巻の具は七福神にちなんで、7種類巻くとよいといわれています。具の種類に特に決まりはないので、のりと酢飯を用意したら、あとはお好みの具を7種類以上用意するのはいかがですか?

もちろん、小さなお子さんは7つもいっぺんに具材を巻いたお寿司は食べづらいでしょうから、すこしずつ巻いて食べるように教えてあげましょう。

よく恵方巻に使われるのは、うなぎ、あなご、卵焼き、桜でんぶ、しいたけ、きゅうり、かんぴょう、高野豆腐などです。手巻きずしの具としてもおすすめです。

そのほか、納豆やツナ、お刺身、カニカマ、大葉、エゴマの葉、レタス、カイワレ大根、ブロッコリースプラウト、ウィンナー、薄切り肉を焼いたもの、キムチなどもおすすめです。

ちくわの天ぷらやエビフライ、とんかつ、とりのからあげなども手巻きずしによく合います。お寿司の具として食べるほか、そのままおかずとして食べても良いですね。

もちろんこれらすべての具をそろえる必要はありません。家族のお好みのものをいくつかチョイスして、栄養バランスよくそろえましょう。

しょうゆ、わさび、マヨネーズ、ソースなどの調味料もそろえておきましょう。

ご飯を炊いて酢飯を作るときに、お子さんにうちわであおいでもらってごはんを冷ますのを手伝ってもらうなどするといいですね。

まだのりを噛み切れない乳児のお子さんにはやわらかめの酢飯で具を細かくしてちらしずしにしてあげると食べやすいでしょう。


スポンサードリンク

節分に子供がよろこぶサイドメニューは?

手巻きずしだと野菜や肉魚もたっぷり食べられるので、手巻き寿し用の具をいろいろ用意するならサイドメニューは簡単なものでいいと思います。

節分といえば、いわしも定番なので、イワシの丸焼き、てんぷら、煮つけ、南蛮漬けなどを用意しておくと、よりいっそう行事食らしくなりますね。

豆まき用の煎り大豆をまだ食べられない幼児のお子さんには、枝豆を茹でたものなどもあるといいかもしれませんね。

また、お寿司ですから、お味噌汁や茶わん蒸し、おそばやにゅうめんなどの汁気のある麺類などがあると、食が進みそうですね。いわしのつみれ汁もお子さんにも食べやすくてよいと思います。

もずくやタコときゅうりの酢の物、野菜サラダなども口の中がさっぱりしてよいですね。

また、食後に果物やゼリーなどのどごしのよいデザートも喜ばれると思います。

節分 幼児 恵方巻きのまとめ

市販の恵方巻だと、具が7種類など多く入っていて太く、長いので、小さなお子さんには食べづらいものが多い。

お子さんが小さい間は、節分のメニューとして、恵方巻きにするならご自宅で、手巻き寿司にするのも一つのアイデア。

サイドメニューに子供も食べやすいいわしのつみれ汁などがおすすめ。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする