赤ちゃんにお年玉は必要か 相場はいくら 親戚の子にはプレゼント?

a0027_000231

こんにちは!ひのなです。

本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。

お正月、親戚の集まりやあいさつ回りなどの機会がよくあると思います。

中には赤ちゃんがお生まれになったご家庭もあったりして、おめでたく、にぎにぎしくて良いですよね。

まだ子どもが無かったりして、自分の子にお年玉を頂いた経験がないと、差し上げるお年玉をどうしたらよいかわからないこともあると思います。

赤ちゃんにお年玉が必要か、相場はいくらか、何歳からあげるべきかなどについて、ご紹介します。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんにお年玉は必要?何歳からあげるべきか

赤ちゃんにお年玉は必要かどうかですが、常識的にも、特に決まりはありません。

赤ちゃんにお年玉をあげても良いし、あげなくても良い、ということになります。

ご家庭やご親戚間の常識や慣習が基本になると思いますので、一番良いのは、親御さんやご親戚の年長の方におしえていただくことだと思います。

一般的には、赤ちゃん、幼児の間はお年玉は必要ないと考えている人も多いです。

多少はものわかりができるようになってきて幼稚園や保育園などに通いだす、3歳児以上の子どもさんにお年玉を上げる方が多いと思われます。

それでも、周囲の雰囲気や流れで、赤ちゃん、乳幼児でもお年玉を挙げたほうが良いようであれば、あげて悪いことはないので、お気持ちで差し上げればよいと思います。

現金やプレゼントなどでお年玉を用意するのもよいでしょう。

赤ちゃん、乳幼児は500円から1000円
幼稚園児1000円から2000円
小中学生2000円から3000円
高校生大学生は5000円から1万円

くらいで、ご家庭や地域によっても違うと思いますが、親戚同士でだいたいの相場が決まっていることが多いようです。

親戚の赤ちゃんにお年玉をあげるなら相場はいくらか

親戚の赤ちゃんにお年玉をあげるなら相場はいくらかということですが、祖父母から孫へなどの場合は、1万から数万など大き目の金額をはりこんでくれる場合も少なくないですが、一般的な甥姪やいとこ、知人のお子さんなどの場合は、赤ちゃんなら500円から1000円くらいの金額設定の方が多いです。

スポンサードリンク

ただ、相手が赤ちゃんでも、3000円、5000円と、金額の相場がご親戚の間にある場合もあるので、金額設定は親御さんやご年長のご親戚などによく確認するのがよいでしょう。

お年玉でさしあげるお金は、新しいコインや新札をあらかじめ、銀行で両替して用意しておくのが基本ですので、師走は忙しい時期ですが、年内に両替は済ませておき、きれいなかわいいポチ袋を用意しておきましょう。

ポチ袋に金額と自分の名前を書いておくと、あとで親御さんが確認しやすいので、できれば書いておくのがお勧めです。

自分がお年玉を差し上げている場合は、自分に子供ができた場合に、同じようにお年玉をいただけるようになることが多いですが、相手のほうが、タイミング的に会えなくなったり、うっかり忘れたりということもありますので、お年玉を気持ちよく差し上げた後は、自分の子へも同じように必ずしていただけると期待しすぎるのは辞めておいた方が無難でしょう。

また、自分の子にお年玉をいただけるようになったら、きちんと自分でお礼をいわせて、下さった方の目の前で袋を開けたりしないように、教えておくことが大切です。

赤ちゃんにお年玉の代わりにプレゼントするならおすすめは

赤ちゃんには、お年玉で現金を差し上げても、どうしても親向けに渡すことになるので、赤ちゃん自身には喜んでもらえないのがちょっと残念だと思われる場合もあると思います。

お年玉の代わりとして、もしくはお年玉にプラスして、絵本やおもちゃ、スタイや靴下などの無難な衣類をプレゼントとして差し上げるのもよいでしょう。

ただ、赤ちゃんの親御さんの本音で考えると、おもちゃや衣類などはいただきものが多かったり、趣味に合わないものもある場合があるので、金額が少なくても現金でもらえるほうがありがたいというのが本音として多いと思われます。

物で差し上げるなら、相手の希望をある程度確認しておけるといいですね。

赤ちゃん お年玉 必要のまとめ

赤ちゃん、乳幼児には、お年玉は必要ないと考えている人も少なくありませんが、特に決まりはありません。

現金やプレゼントなどでお年玉を用意するのもよいでしょう。

物で差し上げるときは、相手の希望や好みをできれば知っておくと安心ですね。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする