新梅田シティ ドイツ・クリスマスマーケット大阪の楽しみ方

a0960_003984

こんにちは!ひのなです。

本日は当ブログにお越しいただきありがとうございます。

12月に、クリスマスらしいイルミネーションを楽しみにしている人も
多いと思います。

大阪梅田でクリスマス気分を味わうデートをするなら、
ドイツ・クリスマスマーケット大阪がおすすめです!

昨年は27メートルの巨大なツリー、30件ものヒュッテ、
メリーゴーランドなど本場ドイツのクリスマス気分を味わえる内容でした。

今年はどんな感じのクリスマスマーケットになるのか、
とても楽しみですね!

スポンサードリンク
  

ドイツ・クリスマスマーケット大阪2016の期間と見どころ

本場ドイツからやってくるドイツ・クリスマスマーケット大阪は、大阪で
ドイツの本格的なクリスマス気分を味わえる大きなイベントです。

10万個を超えるイルミネーションが輝く、
世界最大級のクリスマスツリーが今年も予定されています。

広場会場に並ぶ木製の小屋(ヒュッテ)では、
クリスマスオーナメントや民芸品のプレゼントの販売が行われます。

名物ホットワインや軽食なども楽しめますよ。

毎年コップ付きで売っているグリューワインはファンも多く、
楽しみにしている人も多いそうです。

開催地は、梅田スカイビル・ワンダースクエア。大阪市北区大淀中1-1 

梅田スカイビルは新梅田シティ内の施設です。

今年のドイツ・クリスマスマーケット大阪の開催期間は
2016年11月18日(金)~12月25日(日)の予定
になっています。

入場無料で、各種物販は有料になっています。

お問い合わせ先は、ドイツ・クリスマスマーケット大阪実行委員会事務局です。

当然、クリスマスマーケットオープン直後と、
12月の23、24日はかなり混雑すると思われるので、

すこしゆとりをもって楽しみたいなら、
余裕のありそうな日程を組むのがよいでしょう。

なお、梅田 大阪駅近辺のイルミネーションについてはこちらで詳しく書いています。
>>梅田 大阪駅近くでイルミネーションデートを楽しむ ドイツ気分も
>>梅田 大阪駅周辺のイルミネーションデートスポットの穴場と定番は?

スポンサードリンク

ドイツ・クリスマスマーケット大阪の家族向けの情報についてはこちらで詳しく書いています。
>>梅田ドイツ・クリスマスマーケット大阪のメリーゴーランド イルミネーションは家族向け?

新梅田シティのドイツ・クリスマスマーケット食事はどうする?

ドイツ・クリスマスマーケット大阪内で、ワインやビール、軽食などを楽しんで
お腹がいっぱいになることも考えられます。

また、新梅田シティの中にはホテルや様々なレストランが入っているので、食事もできます。

気取らないお店も多いので、若い人にも向いています。

混雑が予想されるので、時間を効率よく使うなら
予約できるお店は予約しておくのがよいでしょう。

クリスマスの空中庭園は混雑しそう!チケットは?

ドイツ・クリスマスマーケット大阪に行くなら合わせて
同じ新梅田シティ内の空中庭園展望台に行くのがお勧めです!

空中庭園展望台は、地上173mと高いですが、大阪の景色を
360度の視界で見ることができます。夜景もたっぷり楽しみましょう。

空中庭園は屋外で寒いのでしっかり防寒していくのがよいでしょう。
デートならその寒さが自然に二人の距離を縮めそうで、ロマンチックですね。

また、空中庭園も混雑すると思われるので、
事前にコンビニでJTBレジャーチケットを買っておくのがよいでしょう。

大人1,000円が900円になるなど少しお得になりますし、チケットは1か月有効です。

お散歩気分を味わうなら、少し足を延ばしてHEP FIVEで
観覧車で夜景を楽しむのもよいですね。

HEP FIVEでは、2015年に「CHRISTMAS FANTASY 2015」で
鑑賞無料のイルミネーションを開催していたので、
2016年も予定をチェックしておくのがお勧めです。

なお、関西全域のイルミネーションイベント記事についてはこちらでインデックスとしてまとめています。
>>関西のイルミネーションイベント 大阪や京都の情報まとめ

まとめ

ドイツ・クリスマスマーケット大阪は10万個を超える
イルミネーションがかがやく世界最大級のクリスマスツリーが楽しめます。

クリスマスオーナメントや民芸品のプレゼントの販売、
そして名物ホットワインなどで本場ドイツの雰囲気を楽しみましょう。

ドイツ・クリスマスマーケット大阪に行くなら合わせて
同じ新梅田シティ内の空中庭園展望台に行くのがお勧め!

少し足を延ばしてヘップ ファイブで観覧車で夜景を楽しむのもよいでしょう。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサードリンク